アート / コラム

Posted on 2020-07-20
アート鑑賞 モネの《睡蓮の池》



 



こんにちは
宮川です。

今回も、アート作品をご一緒に鑑賞して参りましょう!

印象派を代表するフランスの画家クロード・モネの《睡蓮の池》です。

1899年に制作された油彩画です。

正方形ぽいキャンバスに、お太鼓橋、睡蓮の花や葉が浮かぶ池、柳が描かれています。

この作品は、ロンドンのナショナル・ギャラリーのコレクション。

東京・上野の国立西洋美術館で開催されている「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に展示されています。

モネは睡蓮や庭園についてたくさんの作品を描きました。

この作品は、天地88.3cm、左右93.1cm。緑の多い画面が清涼感を感じさせます。

日本風のアーチ型の橋にズームインして切り取ったような画角は、最近のスマホで撮ったものと似ています。

モネは自分でこのような庭園を造り、それを描いたのです。

想像でなく、実物であるところが、面白いと思いました。

実は、この睡蓮の池を模した空中庭園が、東京の西武池袋本店の屋上にあります。

飲食サービスもあります。モネは庭園を眺めながらビールを飲んだのかな。フランス人だからやっぱりワインかな。

これからも素敵な作品を、ご一緒に鑑賞して参りましょう!
 
 
  




1+
Tags:
Posted in アート, コラム | Comments Closed

Related Posts