アート / コラム

Posted on 2020-07-21
アート鑑賞 レンブラント《34歳の自画像》



 



こんにちは
宮川です。

今回も、アート作品をご一緒に鑑賞して参りましょう!

ネーデルラント連邦共和国(現在のオランダ)のレンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《34歳の自画像》(1640年 油彩・カンヴァス 91×75cm)です。

オランダが海洋国として栄えた時代に、画家として名を馳せました。

「光と影の魔術師」というキャッチフレーズがつきますよね。

自画像が描かれた34歳のとき、レンブラントは結婚していて、富と名声も得ていました。

帽子や上着などから風格を漂わせつつも、落ち着いた色味が印象的です。

色白でやさしそうな感じも受けます。

しかしこの頃、高級品を買いあさり財産を散財。多額の借金もします。投機にも手を出して失敗しています。

この数年後には人生が暗転。無一文になってしまいます。

人生の絶頂期にあった自分を描いた1枚ということになるのでしょうか?!

この作品は、ロンドンのナショナル・ギャラリーのコレクション。

東京・上野の国立西洋美術館で開催されている「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に展示されています。

これからも素敵な作品を、ご一緒に鑑賞して参りましょう!
 
 
  




1+
Tags:
Posted in アート, コラム | Comments Closed

Related Posts