アート / コラム

Posted on 2020-07-24
アート鑑賞 ゴーギャンの《アリスカンの並木路、アルル》



 



こんにちは
宮川です。

今回も、アート作品をご一緒に鑑賞して参りましょう!

ゴーギャンの《アリスカンの並木路、アルル》(油彩・キャンヴァス 72.5×91.5㎝)です。

フランスのポスト印象派の画家であるポール・ゴーギャン(1848年~1903年)が1888年に描いた作品です。

南フランスの街アルルで、ゴッホと共同生活をしていたときに描いたものです。

ゴッホとの共同生活は9週間でした。

2人の芸術観はまったく噛み合いませんでした。

12月23日の夜、ゴッホが自分の耳を切る事件が発生。ゴーギャンは同地を去りました。

《アリスカンの並木路、アルル》では、紅葉で金色に染まった木や道、家が描かれています。

この作品は、東京・西新宿のSOMPO美術館で開催されている「SOMPO美術館 開館記念展 珠玉のコレクション―いのちの輝き・つくる喜び」(会期:2020年7月10日~9月4日)で見ることができます。

同展には、ゴーギャンとともに暮らしたゴッホの「ひまわり」も展示されています。

これからも素敵な作品を、ご一緒に鑑賞して参りましょう!
 
 
  




0
Tags:
Posted in アート, コラム | Comments Closed

Related Posts