アート / コラム

Posted on 2020-08-09
【アート鑑賞】アンリ・ルソー《馬を襲うジャガー》





皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日もアートの名作を皆様とご一緒に鑑賞してまいりましょう!

今回の作品は、アンリ・ルソー《馬を襲うジャガー》です。

ルソーは、税関職員の仕事の傍ら、絵を描き始めました。

画家としての専門的教育を受けていません。

批評家らは、そんなルソーの作品を、しばしば嘲笑しました。

しかし、ルソーは独自の絵画様式をほとんど変えることはありませんでした。

1886年(明治19年)に、シニャックらからの勧めで、アンデパンダン展に初参加。以降、ほぼ毎年出品していきます。

アンデパンダン展は、無審査で出品料さえ払えば誰でも参加できる展覧会です。

ルソーは、アンデパンダン展を作品発表の場として活用していきました。

《馬を襲うジャガー》を完成させたのは1910年(明治43年)3月です。

同年9月に亡くなっていますから、亡くなるわずか半年前です。

画面中央には、ジャガーが白馬を仕留める瞬間が描かれています。

ジャガーに一撃を食らった白馬は、何とも言えない表情でこちらを見つめています。

白馬の両足は、太ももが人間のようでもあります。

胴体に対する角度が変で、不思議な印象を醸しています。

画面全体に描かれている緑の植物は、細長い葉が生き物の触手のようにうねうねとしています。

よく見ると、こんな植物は実際にはなさそうです。

ルソーは熱帯のジャングルを度々描きました。

しかし、本物のジャングルに行ったことは生涯ありませんでした。

パリにあった植物園の温室で見た異国の植物にインスピレーションを得て、独自のジャングルを描いていったのです。

想像力を駆使して、熱帯のジャングルを描ききったところが、個人的にとても魅力的です。

今回の記事が、皆様のアート鑑賞の参考になるところがあれば幸いです!

これからも、アート作品をたくさん鑑賞してまいりましょう!
 
 
  




1+
Tags:
Posted in アート, コラム | Comments Closed

Related Posts