アート / 音楽

Posted on 2021-02-26
作曲家メンデルスゾーン 画家としてもひとかどの人物になった?!



 1839年(天保十年)に描かれた肖像画。30歳の頃


 
彼の音楽のように均整のとれた美しさ
「結婚行進曲」の作曲で有名なメンデルスゾーン。

1809年(文化六年)にハンブルク(自由ハンザ都市ハンブルク)で生まれ、1847年(弘化四年)にライプツィヒ(プロイセン王国)で亡くなりました。享年三十八。

音楽家として大成したメンデルスゾーンですが、芸術一般に関心が深く、絵画の腕前もたいしたものでした。

そのまま絵画の道に進んでいれば、ひとかどの画家になれたとも言われています。

(その一方で、端正すぎる作風で、それを否定する絵画の専門家も、もちろんいますけれど)

下に若い頃に描いた作品を紹介します。皆さんは如何お考えになるでしょう?
 
 

 


 

 


 

 


 

 
           




0
Tags:
Posted in アート, 音楽 | Comments Closed

Related Posts