西洋美術

アート / コラム
2024-02-26
【コラム】初心者の西洋絵画 旧約聖書「バベルの塔」

西洋の美術作品、特に印象派以前の絵画作品は、聖書やギリシャ神話を知らないと、鑑賞が難しいものが多いですね。 そこで、ここでは旧約聖書を取り上げて、有名なエピソードを少しご紹介しようと思います。今回は「バベルの塔」です。 … 続きを読む >

アート / コラム
2024-02-23
【コラム】印象派の何が凄かった?? 3つの答え

こんにちは 編集部の蓬田(よもぎた)でございます。わたしが美術鑑賞を始めて、印象派の作品を見たとき不思議だったのが、「どうして、これが(印象派の作品のこと)、美術史に残る革新的なことだったのか?!」でした。 それ以前の作… 続きを読む >

アート
2024-02-02
【招待券プレゼント】「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」

これまでのイメージとは異なる北欧の一面を知る 「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」が、東京・新宿のSOMPO美術館で、2024年(令和六年)3月23日(土)から 6月9日(日)まで開催されます。 … 続きを読む >

アート / 歴史
2024-02-01
【招待券プレゼント】「テルマエ展」古代ローマの人々の生活を紹介

最も愛され、日常的に通う場所 2024年(令和六年)4月6日(土)から6月9日(日)まで、東京・汐留のパナソニック汐留美術館で「テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本」が開催されます。 人類史上に輝く繁栄を誇った古… 続きを読む >

アート
2024-01-25
【名画探訪】ブーシェ ロココの香りは春を呼ぶ

フランソワ・ブーシェ(1703年9月29日 – 1770年5月30日)はロココを代表するフランスの画家です。 上流社会の肖像画や神話画などを描きました。 ブーシェは、国王ルイ15世の公妾ポンパドゥール夫人のお… 続きを読む >

アート
2023-12-11
「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」

知られざるアメリカ印象派の魅力 第1回印象派展から150周年を迎える2024年、印象派がヨーロッパやアメリカへもたらした衝撃と影響をたどる展覧会が開催されます。 19世紀後半、大都市パリには国外からも多くの画家が集いまし… 続きを読む >

アート
2023-10-20
「モネ 連作の情景」

  印象派以前から連作まで 「モネ 連作の情景」が、東京と大阪で開催されます。 印象派を代表する画家のひとり、クロード・モネ(1840-1926)は、自然の光と色彩に対する並外れた感覚を持ち、柔らかい色使いとあ… 続きを読む >

アート
2023-09-14
「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展—美の革命」

日本で50年ぶり「キュビスム」大型展覧会2023年(令和五年)10月3日(火)から2024年(令和六年)1月28日(日)まで、東京・上野公園の国立西洋美術館で「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、… 続きを読む >

アート
2023-08-31
「ゴッホと静物画―伝統から革新へ」

ヨーロッパ静物画史におけるゴッホの位置づけを探る フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~1890)は何を学び、何を伝えたのか…… 東京・新宿のSOMPO美術館で「ゴッホと静物画―伝統から革新へ」が、令和五年(2023年… 続きを読む >

アート
2023-06-22
「テート美術館展 光 — ターナー、印象派から現代へ」

絵画からキネティック・アート、インスタレーションまで多様な作品 東京・六本木の国立新美術館で2023年(令和五年)7月12日(水)から10月2日(月)まで、「テート美術館展 光 — ターナー、印象派から現代へ」が開催され… 続きを読む >

アート
2023-04-26
国内所蔵スペイン版画の傑作が一堂に

  スペインの「イメージ」がどう作られ伝えられたか 2023年(令和五年)7月4日(火)から9月3日(日)まで、国立西洋美術館(東京・上野公園)で「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」展が開催されます。 フ… 続きを読む >

アート
2023-04-02
【展覧会レビュー】「憧憬の地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷」

画像たちは「異郷」に何を求め、何を見出したのか?! 国立西洋美術館(東京・上野公園)で「憧憬の地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷」展が開催中です。※会期=2023年(令和五年)3月18日~6月11日… 続きを読む >

アート
2023-03-13
「光陰礼讃 -近代日本最初の洋画コレクション」

  住友吉左衞門友純(春翠)がパリで2枚のモネを入手 京都市左京区の泉屋博古館で、2023年(令和五年)3月14日(火)から5月21日(日)まで「光陰礼讃 -近代日本最初の洋画コレクション」が開催されます。 光を追い求め… 続きを読む >

アート
2022-12-22
「マティス 自由なフォルム」展 2024年国立新美術館で開催

  「切り紙絵」 ハサミでデッサン 自由自在に色とかたちを生み出す 2021年(令和三年)に予定されていたものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催が延期されていた「マティス 自由なフォルム」展が、2024年(令… 続きを読む >