M&C M&C M&C

TOPIC

アート
2019-06-29
美術展レビュー「塩田千春展:魂がふるえる」

塩田千春の全貌が明らかに ベルリンを拠点にして活動している国際的なアーティスト塩田千春の大規模な個展が、東京・六本木の森美術館で開催中です(会期:2019年(令和元年)6月20日(木)から10月27日(日)まで)。 塩田… 続きを読む >

アート / 作品紹介
2019-06-28
夏の絵画といえばこれ! 黒田清輝の『湖畔』

恋人の姿を見て衝動的に?!描いた作品 近代の西洋画家として著名な黒田清輝が手がけた作品において、重要文化財指定されているのが『湖畔』です。 湖畔は1897年に黒田清輝と後に妻となる当時の恋人とともに、避暑のため箱根・芦ノ… 続きを読む >

アート / 作品紹介
2019-06-28
夏の絵画といえばこれ! アルチンボルドの四季『夏』

皇帝マクシミリアン2世に贈られた絵画 イタリアの画家ジュゼッペ・アルチンボルドの『四季』はその名前のとおり、それぞれの季節の4作品で構成されています。 季節の野菜や植物を使って人物を表現したこれらの作品は、自然科学に興味… 続きを読む >

アート / 作品紹介
2019-06-28
夏の絵画といえばこれ! 北斎の木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝(きそじのおくあみだがたき)

滝行の名所を北斎が斬新に描写 夏の絵画といえば葛飾北斎の作品、木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝を外すことはできないです。 この滝は岐阜県郡上市白鳥町にあり、日本三霊山のひとつとして参詣する人が後を絶たない、滝行の名所でもあります。 … 続きを読む >

アート
2019-06-28
【招待券プレゼント】「コートールド美術館展 魅惑の印象派」 マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》来日

美術史研究や科学的調査の成果から名作を読み解く 2019年(令和元年)9月10日(火)から12月15日(日)まで、東京・上野公園の東京都美術館で「コートールド美術館展 魅惑の印象派」が開催されます。 ルノワール、セザンヌ… 続きを読む >

マーケティング / ライフ / フード
2019-06-27
「スリランカフェスティバル2019」スリランカの食や文化を満喫

スリランカの軽自動車が当たる抽選会も 「スリランカフェスティバル2019」が2019年(令和元年)8月3日(土)と4日(日)、東京・代々木公園イベント広場で開催されます。 同フェスティバルはもともとスリランカ大使館が主催… 続きを読む >

アート
2019-06-27
【招待券プレゼント】「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」正倉院と法隆寺 宝物の双璧を一堂に公開

1200年あまり受け継がれた比類なき宝物 2019年(令和元年)10月14日(月・祝)から11月24日(日)まで、東京・上野の東京国立博物館で御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」が開催されます。 天皇… 続きを読む >

アート / コラム
2019-06-20
行くまでは死ねない! バチカン美術館への行き方

ローマテルミニ駅から乗り換えなし イタリアのローマにあるバチカン美術館は、歴代ローマ教皇のコレクションを収蔵展示する世界最大級の美術館です。日本はもとより、世界中から多くの人が訪れている人気の美術館となっています。 そん… 続きを読む >

アート
2019-06-13
福田美術館 京都・嵐山に2019年10月オープン

福田コレクションの厳選120点を展示 京都屈指の観光地・嵯峨嵐山に今秋オープンする「福田美術館」で、2019年(令和元年)10月1日(火)~2020年(令和2年)1月13日(月・祝)まで、開館記念展が開催(予定)されます… 続きを読む >

アート / コラム
2019-06-10
行くまでは死ねない! ルーヴル美術館への行き方

アクセス抜群の“美の殿堂” 世界最高峰の美の殿堂、ルーヴル美術館。世界各国から多くの観覧者が訪れています。 最もスムーズに到着できる行き方は、パリの市営地下鉄を利用する方法です。1番線もしくは7番線に乗車し、パレ・ロワイ… 続きを読む >

アート / 作品紹介
2019-06-07
夏の絵画といえばこれ! モネの睡蓮

美しさと涼しさが融合 フランスを代表する印象派の画家であるクロード・モネは、睡蓮を題材にした絵画を200点以上作成しました。美しさと涼しさが混ざり合っているので、夏の絵画として高い人気を集めています。 モネが後半生を過ご… 続きを読む >

アート / 作品紹介
2019-06-07
夏の絵画といえばこれ! ゴッホのひまわり

7点作成し6点現存。うち1点は東京・新宿に ゴッホと言えば、多くの人が思い浮かべるのは「ひまわり」の絵ではないでしょうか。柔らかいタッチで明るい色合いの絵は長年人々の心を惹きつけてきました。 印象派の巨匠フィンセント・フ… 続きを読む >

アート
2019-06-05
「円山応挙から近代京都画壇へ」大乗寺襖絵を再現展示

応挙、呉春を起点として近世から近代へと引き継がれた画家たちの系譜を一挙にたどる 2019年(令和元年)8月3日(土)から9月29日(日)まで東京・上野の東京藝術大学大学美術館で、また同年11月2日(土)から12月15日(… 続きを読む >

アート / コラム
2019-05-30
美術展の鑑賞は会話しながら? だまって?

何人かの読者の方から、美術展の会場における来場者の“おしゃべり”について、以下のようなご意見をいただきました。 「美術館で、私語のうるさい客に困っています」 「美術館へ行くとお喋りをしている人が必ずいます。監視員の方も注… 続きを読む >